コラム

授乳中・卒乳後もナイトブラしていいの?マタニティでも大丈夫なアイテムまとめ

世代を問わず人気を集めているナイトブラは、バストの形をきれいにホールドするのが目的である以上、胸まわりを圧迫するような印象を与えがちです。

普段であれば問題なくても、妊娠中や授乳中、卒乳直後など、胸の大きさに変動がある時期だとどうでしょうか。

胸に負担をかけることになるのではないかと、不安に感じる方もいるでしょう。

この記事ではそんな悩みにお答えし、マタニティ向けのアイテムをご紹介します。

授乳中・卒乳後もナイトブラしていいの?

妊娠中は、マタニティブラを使うべきという話はよく知られています。

デパートなどでも専用のスペースが設けられているのを見かけたことがあるでしょう。

産婦人科でも勧められるはずです。

それでは、授乳中や卒乳後はどうなのか、気になるところです。

特別な対策が必要なのでしょうか。

  1. 授乳中のバストをナイトブラでサポート
  2. 卒乳後のしぼんだバストにはナイトブラが有効

 

授乳中こそナイトブラが必要

授乳中は、妊娠中ほどではないにしてもバストの大きさが変化しやすい時期にはかわりありません。

赤ちゃんに授乳するために、乳腺が増えることがわかっています。

その乳腺を支えるクーパー靭帯が伸びてしまって、きれいなバストラインが保てなくなる事態を防ぐためにはナイトブラが必要です。

 

また、授乳中は母乳が出やすい環境づくりが大切。

母乳が出やすくするには、リンパの流れが滞らないことが不可欠です。

寝ているあいだ、ナイトブラをつけてバストの位置をだしくキープしたり、寝返りなどでバストがつぶされてしまわないようにしたりすることで、リンパの流れがよくなります。

とくにホルモンバランスが崩れやすく、体温が下がりやすい授乳中こそ、ナイトブラでバストを守ることが必要なのです。

卒乳後は垂れ乳防止のためにもナイトブラが必須

卒乳後は、赤ちゃんに母乳を与える役割から解放されたバストが、急にしぼんでしまうという現象がみられる場合があります。

授乳中の影響を受けて、乳首が伸びたり黒ずんだりする人もいるでしょう。

これらは、女性ホルモンのバランスが崩れることが影響していることが多いです。

マッサージやサプリなどでケアするのもおすすめですが、忙しい卒乳時期になかなか手間ひまかけていられないというのが実情ではないでしょうか。

そんなときこそナイトブラで、しぼみ気味のバストをしっかりとサポートしてあげましょう。

妊娠中の人がつけやすいナイトブラとは?

妊娠すると、バストがどんどん大きくなり、これまで使っていたブラジャーは当然使えなくなります。

妊娠中に適切なブラを身につけるようにしましょう。

妊娠中の人がつけやすいナイトブラ選びのポイント

妊娠中は、妊娠初期と妊娠後期でおすすめのブラが変わってきます。

妊娠初期は、いわば母乳を出すための準備期間。

バストの乳腺が増えてきますので、それに伴い痛みを感じる人もいるなどデリケートな時期です。

この期間は、できるだけ安静にすることが大切。

極力、締め付けのゆるいナイトブラを選ぶとよいでしょう。

 

具体的には、伸縮性の高い柔らかなストレッチ素材で、着用時に苦しさのないものがおすすめです。

肌触りも良く、できるだけストレスのかからないものを選んでください。

妊娠中の人におすすめのナイトブラ

実際に購入できるナイトブラで、妊娠中の方にオススメのナイトブラを紹介していきましょう。

  1. ローズマダム マタニティ専用 おやすみブラ
  2. クロスオープンハーフトップ モーハウスブラ

 

ローズマダム マタニティ専用 おやすみブラ

クロスオープン仕様で肩紐も太め。

サイドは脇高設計になっているのでバストの横流れも防いでくれます。

サイズはMとLがあり、伸縮性の高い生地なのでサイズの変化にも対応できるのが魅力です。

2,000円以下の価格でお手頃なのも嬉しいポイント。

 

公式サイトはこちら

 

クロスオープンハーフトップ モーハウスブラ

価格が少し高め(3,024円・税込)ですが、つけ心地がよくストレスフリーに過ごせるので、肌触りが気になる方にとくにおすすめ。

サイズ展開はMからLLまであり、幅広いサイズに対応しています。

カップの内側の乳首があたる部分に使われているのは、乳首をいたわる滑らかな表面感の不織布です。

 

公式サイトはこちら

授乳中の人がつけやすいナイトブラ

授乳中は、母乳を出すためにバストが一番頑張る時期。

そんな大切な期間を支えるナイトブラをしっかりチョイスしたいものです。

授乳中の人がつけやすいナイトブラ選びのポイント

授乳中はほどよい締め付感のあるナイトブラを選んでリンパの流れをよくするように心がけてください。

また、ブラをつけたままでも授乳しやすいような構造になっている商品を選ぶようにしましょう。

授乳中の人におすすめのナイトブラ

実際に購入できるナイトブラで、授乳中の方にオススメのものを紹介していきますね。

  1. 夜寄るブラ+(プラス)
  2. 2WAYマミィレーシィブラレット

 

夜寄るブラ+(プラス)

夜寄るブラ+(プラス)を着る女性

生地の伸縮性はあまりありませんが、ネックラインの襟ぐりが深いため、授乳するときに便利。

アンダー部分の下端がレース素材なので、アンダーバストを締め付けすぎないのもメリットです。

詳細ページ公式ページ

2WAYマミィレーシィブラレット

ピーチジョンから販売されている、マタニティ対応のブラです。

下側から簡単にめくり上げることができるため、ストレスなく授乳することができます。

デザインがかわいいのもおすすめ理由の一つです。

公式サイトはこちら

 

卒乳直後の人がつけやすいナイトブラ

卒乳直後は、急激にバストがしぼんでしまうことがあります。

そんなときこそ、バストをきれいに保てるようにナイトブラを使いましょう

卒乳直後の人がつけやすいナイトブラ選びのポイント

卒乳するとバストがしぼんできますが、形がきれいになるように、ある程度の締め付けがあるナイトブラが好ましいです。

例えばシンプルなハーフトップブラよりも、立体的な構造でバストをしっかりとホールドするタイプがおすすめ。

卒乳直後の人におすすめのナイトブラ

卒乳直後の方にオススメのナイトブラは2つあります。

  1. ふんわりルームブラ
  2. 導リメイクアップブラ

ふんわりルームブラ

湘南美容外科との共同開発で作られたナイトブラです。

フロントホックで3段階の調節ができるのがポイント。

卒乳直後の不安定な時期に、自分の体調に合わせてサイズを調節できるのでもってこいです。

詳細ページ公式ページ

導リメイクアップブラ

バストの横流れを防ぐ特殊構造が魅力のブラです。

サイドからフロントへと、お肉の逆流を防いでくれます。

ノンワイヤーでもバストをしっかりとホールド。

昼・夜で兼用できるのもポイントです。

詳細ページ公式ページ

まとめ:妊娠中も授乳中、卒乳後もナイトブラはつけるべき

妊娠中はもちろんのこと、授乳中や卒乳後こそ、ナイトブラをつけるのがおすすめ。

バストの状態や、時期に合わせて適切なナイトブラを選んできれいなバストラインをキープしましょう。

 

ナイトブラ60枚以上試してわかったおすすめ10枚

ナイトブラはどれを選べばいいのかわからない!

そんなあなたに、「ニパ子のナイトブラ向上委員会」では後悔しないナイトブラ選びのお手伝いをします。

60種類以上のたくさんの人気ナイトブラの中から、その効果を着用比較し、とっておきの10枚を厳選しランキングで紹介しています。

機能性、デザイン、着心地などを考慮した、あなたにぴったりフィットするナイトブラが見つかりますよ。

ナイトブラおすすめ人気ランキング10選