生活

【徹底比較】動画編集スクールおすすめ人気ランキング11選!通い・オンラインも徹底解説

  • 「おしゃれな動画をつくりたい」
  • 「youtuberになりたい」
  • 「動画編集者として仕事を受けられるようになりたい」
  • 「動画編集技術を身に着けて会社で重宝されたい」

SNSの進化から、誰もが個人で動画を作成してアップロードし、フォロワーを獲得しています。

おしゃれな動画・面白い動画がアップされていると、「動画編集を本格的に学んでみたい」「仕事にも役立てたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

動画に興味を持つ人が増えている今、動画編集のスキルは持っていて損のないスキルの1つです。

そこで今回は、これから動画スキルを身に着けたいと考えている方に、おすすめの動画編集スクールをランキング形式でご紹介します。

併せて、動画編集を学ぶメリット、目的にあった選び方なども解説していきます。

目次

動画編集スクールで学ぶメリットは?

正直「かっこいい映像を作りたい」と思っても、独学の場合「何から学べばよいのか分からない」、「どの種類の編集ソフトを選べばよいのか分からない」という方が多いはず!

最初の一歩で躓いてしまうことがほとんどです。一人で学ぶということは自由な反面、膨大な時間と手間がかかってしまうので、決して効果的とは言えません。

効率的な学習方法が身につき、独学で学ぶよりも短期間で動画編集スキルを習得するためには、専門性の高いスクールに通うことがおすすめです。

実践で役立つスキルを身につけられる

スクールに通うと、現役のクリエイターに指導を受けることで、独学ではなかなか身につけられない実用的なスキルを効率的に取得することが可能です。

動画編集に精通した講師が動画編集に関する知識・ノウハウを丁寧に指導してくれるため、知識ゼロの状態からでも十分に経験を積むことが可能です。

将来的に、動画編集のプロとして活躍したい方こそ、自分に最適なスクールを見つけて専門的に学ぶことをおすすめします。

動画を理解すると世界が広がる

動画編集を学ぶことで、今までとは異なる方法で自分自身を表現することが可能になります。

スクールの中には、技術だけでなく動画編集にかかわる複合的な知識を身につけられるカリキュラムを用意しているので、自分が何を学びたいのかを明確にしておくことが重要です。

動画編集は、日常的にも役立つスキルの1つなので、プロのクリエーターとして活躍したい方だけでなく、一般の方にとっても動画編集スクールに通うメリットはたくさんありますよ。

就職サポートが受けられることも!

動画編集に関するスキルを身につけるだけでなく、サポート体制の充実しているスクールの中には、就職や転職のサポートをしてくれるところもあります。

将来的にプロのクリエーターとして、スクールで学んだ知識を仕事に結び付けたい方は、スクールを選ぶ際にキャリア設計のサポート環境が充実しているスクールを選ぶようにしましょう。

孤独にならない!

集中して作業を行う動画編集は、自分の世界に閉じこもりがちです。

そのため、講師の先生だけでなく、同じ目的を持つ仲間と出会い、切磋琢磨しながら共に成長できるのも、スクールならではのメリットの一つといえるでしょう。

動画編集スクールの種類

スクールには、映像制作に関する基本を学べるスクールからマーケティングなどの専門的な知識を学べるスクールまで、種類も多岐にわたります。

そのため、自分自身の設定する最終目標に応じて選ぶべき理想のスクールは異なります。

スクールに入学した後で後悔しないためにも、しっかり情報収集することが大切!

動画編集について基礎からしっかり学ぶ

サムネイルの作り方、マーケティングなど複合的に学ぶ

スクールに通うかそれともオンラインで学ぶか

 基礎からしっかり学ぶ!

動画編集の知識ゼロからスタートする場合は、Premiere Proなどの動画編集ソフトの基礎知識をしっかり教えてくれるスクールがおすすめです。

スタートの段階で、しっかり基礎知識を身につけることで、様々なことができるようになります。

まずは、一定レベルの動画編集スキルを身につけ、その後に目的に応じた専門性の高い学習に取り組むのがベストでしょう。

スクール(通い)とオンラインがある

「通学しなければスキルを身につけられない」と考えがちですが、動画編集スクールには教室に通うタイプとオンラインで授業を受けられるタイプがあります。

通学しなくてもよいオンラインなら、地方在住であきらめかけていた人にもチャンスが広がります。

スクールの中には、通学orオンラインを選べる場合があるので、自分のライフスタイルに合った学習スタイルを選ぶようにしましょう。

対面式のスクールとオンラインスクールのメリットとデメリット

動画編集スクールには、対面式とオンラインの2つのタイプがあります。ここでは、それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

対面式】

メリット

質問しやすい

間違いをチェックしてもらえる

●デメリット

比較的費用が高い

【オンライン

メリット

比較的費用が安い

好きな時間・場所を選べる

●デメリット

質問のやり取りに時間がかかる

※スクールやカリキュラムの内容でも異なる

対面式の場合は、分からないところや間違いの修正をすぐにしてもらえるというメリットがあります。また、オンラインの場合は、安い費用で受講できるというメリットがあります。

自分の目的・ライフスタイルに合わせて、最適なスクールを選びましょう。

学んでおきたい映像編集ソフト

動画編集をする上で欠かせないアイテムの一つが映像編集ソフト。

映像編集ソフトには種類が複数あり、プロの方でも使用しているソフトは異なるのが現状です。

ソフトの種類によって使用感・操作方法などが変化するため、自分の使用する映像編集ソフトに関しては、しっかりチェックしておくことをおすすめします。

学んでおくとよいおすすめの映像編集ソフトをピックアップしているので、スクール選びの際には参考にしてみてください。

Premiere Pro

インターフェースの分かりやすさ、機能性の豊かさが魅力。Adobe社が提供する映像編集ソフトは、日本で最も利用されている映像編集ソフトといっても過言ではありません。

そのため、ほとんどの動画編集スクールでPremiere Proの使い方を教えてくれます。

YouTuberなど、多くのプロが愛用しているソフトで極めるとクオリティの高い動画を作成することが可能です。

さらに、同じAdobe社のAfter Effects・Photoshop・lllustratorなどの定番アプリとの互換性も優れています。

動画はもちろんクリエイターとして活躍したい方に適している映像編集ソフトの一つといえるでしょう。

DaVinci Resolve

ブラックマジックデザイン社が開発しているDaVinci Resolveは、ハリウッドのプロが現場で利用しているソフトとして有名です。

一部機能が制限された無料版なら、誰でも気軽に利用できる点が大きな魅力になっています。

動画編集に興味のある方は、DaVinci Resolveの無料版をダウンロードして試してみてはいかがでしょう。

高い機能性で、本格的な動画編集を楽しめますよ。

Final Cut

テレビ局などで働く映像編集のプロが利用している映像編集ソフトの一つです。

Apple社が提供し、iMovieとの互換性があります。対応OSがMacの身となっているので、残念ながらWindowsユーザーは使用できません。

日常的にMacを使用している方やiMovieでの編集に慣れている方に適している映像編集ソフトです。

目的に合わせてカリキュラムを選ぼう!

動画編集スクールに通う人の目的は、YouTuberになりたい人・映像業界に就職したい人など様々。

そのため、自分の目的にあったスクールを選ばなければなりません。ここでは、目的別の学習すべきカリキュラムを紹介します。

動画編集を学ぶ目的 学習すべき内容
簡単な動画製作 動画撮影・動画編集・演出・完パケ
YouTuber 動画撮影・動画編集・演出・完パケ
動画クリエイター 企画・脚本・動画撮影・動画編集・実写合成・動画マーケティング
映像業界に就職したい 企画・脚本・動画撮影・動画編集・カット編集・テロップ入れ・モーショングラフフィックス

動画編集スクールの中には体験入学を実施しているスクールもあります。自分の好みのスクールが体験入学を実施していたら、なるべく体験しておくことがおすすめです。

体験スクールがない場合でも、スクールの公式サイトで紹介しているカリキュラムの内容をしっかりチェックしておきましょう。

動画編集スクールおすすめランキング11選!

大手から中小まで動画編集スクールはたくさんあります。スクールに通うことを検討している方の中には、スクールの多さに驚く方もいらっしゃるはず!

あまりの多さに、自分の目的にあったスクール選びがスムーズに進まない人も多いようです。

そこで今回は、通学orオンラインの動画編集スクールを規模の大きさに関係なく、ランキング形式で紹介しています。

ぜひ、自分にとって最適なスクール選びの参考にしてください。

動画編集スクールおすすめランキング1位:studius(スタジアス)

副業案件の獲得を目指して動画編集を学ぶスクールが「スタジアス」。オンライン講座がメインなので、場所・時間を選ばず自分のライフスタイルに合わせて学ぶことが可能です。オンラインでの講義のみでは、モチベーションの維持が難しいことから、週に1回共同授業でスキルアップをはかります。また、月1回のコーチングでは、仲間と交流しながら「目標に対してどのくらい達成できるか」をシェアできるので、目標を見失うことがありません。オンラインでは難しいといわれている質問を無制限で行っているところも好評です。また、副業の継続サポートでは、副業のサポートだけでなく、継続的なスキルアップも同時に受けられます。

【コースの種類】

6ヵ月の「基礎講座」

応用・副業の継続サポート

総合評価
学べるスキル
  • Premiere Pro
  • 映像演出、動画制作に関する進行管理等
  • インタビュー動画の製作、美しいオープニングの製作等
受講料 12,800円/月※別途入学金108,640円
期間 6ヵ月~
場所 オンライン
サポート体制 学んだことを活かして副業獲得できるようにサポート
オンラインながら週1回の共同授業と月1回のコーチングで
\モチベーション維持や仲間と交流も図れる/

 

動画編集スクールおすすめランキング2位:ヒューマンアカデミー


様々なスクールを運営していることで知られているヒューマンアカデミー。話題の動画クリエイター講座では、現役で活躍しているクリエイターによる実践的なカリキュラムを学べると好評です。受講スタイルは、通学orオンラインの2種類用意されているので、自分のライフスタイルに合わせて、無理せず学ぶことが可能。初心者レベルから最短3ヵ月で本格的な動画編集を行えるまでのスキルを習得できます。短期間で動画に関する幅広い知識を学びたい方や月々の費用を抑えて学びたい人におすすめのスクールです。

【コースの種類】

WEB動画クリエイター総合コース

動画クリエイター総合コース

総合評価
学べるスキル Premiere Pro・After Effects・Photoshop・lllustrator・ディレクション・制作・リテラシー
受講料 【WEB動画クリエイター総合コース】

679,800円/月々21,400円~

【動画クリエイター総合コース】

256,190円/月々8,000円~

期間 3~9ヵ月
場所 全国(オンラインでの受講も可能)
サポート体制 卒業制作指導・就職サポート
通学・オンラインの選べる受講スタイル
\月々8,000円~短期間で習得/

動画編集スクールおすすめランキング3位:デジタルハリウッド

目的に合わせたコース選択が可能なデジタルハリウッド STUDIO by LIG。動画編集はもちろん、企画・マーケティングを踏まえたスキルを習得できます。現役で活躍しているクリエイターからマンツーマンの指導を受けられるところが人気のポイント。ビジネスで活躍できるスキルからクリエイティビティーな表現技術を学べるカリキュラムなど、コースの種類が充実しているところが最大の魅力です。また、Web業界大手のスクールということで、就職や転職のサポート体制も充実しています。キャリアアドバイザーによりカウンセリング会も行われているところも、デジタルハリウッド STUDIO by LIGならではのストロングポイントといえるでしょう。

【コースの種類】

ネット動画クリエイター専攻

ネット動画ディレクター専攻

動画編集マスター講座

モーショングラフィックス講座

総合評価
学べるスキル Premiere ・After Effects・Photoshop・lllustrator・Cinema4Dlite・DaVinciResolve・RICHKA
受講料 55,000円~330,000円
期間 1~6ヵ月
場所 上野・池袋(オンラインでも受講も可能)
サポート体制 クリエイターズオーディション・就職・転職サポート
キャリアアドバイザーによるカウンセリング会あり
\就職や転職のサポートが充実/

動画編集スクールおすすめランキング4位:BYND

デジタルクリエイターのサポートや撮影スタジオなどを手掛けているHLYWD INC.がプロデュース・運営しているBYND。動画編集スクールの中でも、クリエイター色の強いスクールとして知られています。「作品のクオリティーを高める環境づくり」にこだわっていることから、創造性を刺激してくれるコミュニティづくりも盛んに行われています。スキルに合わせてコースが細かく分かれているため、学びたいポイントを集中して学習することが可能。確実に編集技術を身につけるために、普段自分が使用しているパソコンを使用するのがBYNDならではの特徴といえます。基礎的な知識はもちろん、演出効果を駆使した芸術性の高い技術を学びたい方におすすめです。

【コースの種類】

モーショングラフィッカー

ビデオグラファー

一眼動画シューティングラボ

総合評価
学べるスキル Premiere Pro・After Effects※コースにより異なります。
受講料 各96,800円

コンプリートパックA:232,320円

コンプリートパックB:198,440円

期間 1~2ヵ月
場所 渋谷・青山・神宮(オンラインでの受講も可能)
サポート体制 アーカイブでの動画補講
芸術的な動画を作りたい!
\スキルに合わせた細かいコース設定/

 

動画編集スクールおすすめランキング5位:東京映画映像学校

動画クリエイターズGYM・動画編集Edit GYMの2種類の講座は、平日夜間・日曜開講の社会人向けコースです。30以上の講座から選べるチケット制の学習システムとなっているため、1講座あたり5,000円の講座を自分の好きな組み合わせで受講することが可能。その他に、YouTubeに特化したコース、自分のペースで動画編集をじっくり学びたい方には、ジョブトレーニングコースが好評です。

【コースの種類】

動画クリエイターズGYM

動画編集Edit GYM

YouTube動画クリエイターズGYM

ジョブトレーニングコース

総合評価
学べるスキル 企画術・編集術一、眼レフカメラの使い方、カット編集、テロップ入れなど、Premiere
受講料 65,000円
期間 1ヵ月(全9回)
場所 新宿
サポート体制 授業前に復習・質問タイム/実務・制作に関する相談のアドバイス/企業向け出張授業など
自分の好きな組み合わせで受講できる!
\1講座5,000円のチケット制学習システム/

 

動画編集スクールおすすめランキング6位:PLAY BACK

吉本興業がサポートしているPLAYBACKでは、なんと所属する芸人やタレントの動画素材を使用して授業が行われています。即戦力としてYouTubeやTVで使用される編集技術を学べるだけでなく、優秀と認められた作品は吉本興業に所属する芸人やタレントのYouTubeチャンネルで公開されることもあるようです。業界の最前線で活躍する映像制作会社が運営しているだけに、授業のクオリティの高さに定評があります。現地受講プランでは、受講期間中に限り、パソコンの無料貸し出しも行っています。一方、オンラインでの受講プランは、現地受講プランに比べ、費用が抑えられているところが魅力です。将来的に、映像制作会社で働くことを目標にしている方は、ぜひチェックしてみてください。

【コースの種類】

実写編集コース

モーション編集コース

総合評価
学べるスキル 実写編集コース:Premiere Pro

モーション編集コース:After Effects

受講料 ・実写編集コース

現地受講プラン:220,000円

オンライン受講プラン:110,000円

・モーション編集コース

現地受講プラン:330,000円

オンライン受講プラン:165,000円

期間 12週間
場所 現地受講プラン:渋谷

オンライン受講プラン:全国

サポート体制 フォローアップ(現地受講プラン)・PC貸し出し(現地受講プラン)・コミュニティ参加
吉本興業の完全サポート!
\芸人さんの生の動画素材を使用した教材/

動画編集スクールおすすめランキング7位:バンタンデザイン研究所キャリアカレッジ

目的に合わせた様々なスキルを習得できるバンタンデザイン研究所キャリアカレッジ。東京と大阪の2拠点にスクールを構えています。動画編集を学びたい方におすすめの映像制作コースでは、撮影・演出・編集はもちろん企画・脚本など、映像制作にかかわるすべてのことを学ぶことが可能です。独自の映像教材で授業の予習・復習ができるところも魅力の1つといえます。通学スタイルのスクールですが、東京校では週に1回の通学でOK。忙しい社会人の方や学生でも学びやすいという特徴があります。

【コースの種類】

映像制作コース

総合評価
学べるスキル 企画・脚本・撮影・演出・編集(Premier・After Effects・Final Cut Pro)
受講料 740,000円(映像制作コース)
期間 1年間(週1回/日曜)
場所 東京・大阪
サポート体制 就職・進学個別サポート
\週1回の通学でOK!無理なく通える/

 

動画編集スクールおすすめランキング8位:MOOCRES(ムークリ)

動画編集の初心者でも、5ヵ月間で現場レベルのスキルを身につけられるMOOCRES。コミュニケーションが取りやすい少人数制のクラス編成が人気です。知識ゼロの状態から納品できるレベルまで徹底的にFBしてくれるので安心して講義に参加できます。将来的に、就職ではなくフリーランスとして活躍したいと考えている方にとっては、納品までの流れを体験できる貴重な経験を積めるでしょう。また、映像制作会社と連携していることから、受講期間中・修了後にかかわらず、レベルに応じた案件を紹介してもらえるため、学んだことを活かすチャンスが多いのもMOOCRESの魅力。

マスターコース

総合評価
学べるスキル Premiere Pro・After Effects
受講料 660,000円
期間 5ヵ月
場所 オンライン・オフライン
サポート体制 オンラインでの質疑応答
\コミュニケーション取りやすい少人数制クラス編成/

 

動画編集スクールおすすめランキング9位:One se Personal

受講者一人ひとりに合わせたカリキュラムで、撮影から編集まで学べるOne se Personal。オンラインスクールながら、プロのクリエイターの「個別指導」が受けられるところが人気のポイントです。動画編集経験ゼロの超初心者から中級者まで、動画制作に必要なスキルを最短で身につけられます。ミュージックビデオやシネマティックなど、幅広いジャンルに対応しているだけでなく、オンラインで撮影技術を学べることがOne se Personalのストロングポイントといえるでしょう。撮影機材を無料でレンタルしてくれるところも初心者にとっては魅力です。チャットやZoomなどを使用したサポート体制が整っているので、地方の方でも安心して受講できます。

【コースの種類】

実写編集コース

モーション編集コース

総合評価
学べるスキル 撮影技術・演出技術・編集技術(Premiere Pro限定)
受講料 一括払い:330,000円

分割払い:61,050円×6回/31,350円×12回

※受講決済ページで「nxcp」とご入力いただくと、受講料総額から10,000円オフ

期間 3ヵ月
場所 オンライン
サポート体制 チャットによるサポート、Zoomによるサポート
\オンラインスクール+個別指導/

 

動画編集スクールおすすめランキング10位:テックアカデミー


多くのオンラインスクールを運営しているテックアカデミー。講義をオンラインで受講できるため、ネット環境さえ整っていれば、いつでも、どこでも動画編集を学べます。今まで、通学するのが難しくて学ぶことをあきらめていた方も、も安心して受講可能です。また、講座がスタートする前に、クリエイターでもあるパーソナルメンターが受講目的をしっかりヒヤリングし、個別の目標を設定してくれるので、明確な目標をもって授業に参加できます。受講生一人ひとりのレベルに合わせて徹底的にサポートしてくれるところも人気のポイント。働きながら動画編集を学びたい方におすすめのスクールです。

【コースの種類】

動画編集コース

動画広告クリエーターコース

総合評価
学べるスキル Premiere Pro・動画編集のテクニック・掲載先のベストプラクティクス・After Effects・Photoshop・lllustrator※コースにより異なります。
受講料 動画編集コース:174,900円~

動画広告クリエイターコース:427,900円~

期間 動画編集コース:4週間~12週間

動画広告クリエイターコース12週間~24週間

場所 全国(オンラインでの受講も可能)
サポート体制 転職サポート・パーソナルメンター
\オンライン講座が174,900円~受けられる/

 

動画編集スクールおすすめランキング11位:studio US


すべての講義をオンラインで完結できるstudio US。時間にとらわれることなく講義に参加できるところが魅力です。自分のタイミングで学べるため、最短でスキルを習得したい方、じっくり自分のペースで学びたい方のどちらにもおすすめのスクールといえるでしょう。専任の講師へ質問や相談も気軽にできるため、オンラインでも安心して講義へ参加できます。未経験から動画制作のプロとして活躍できるスキルが身につくため、一生涯のスキルを見つけて自由な働き方を実現したい方におすすめです。
総合評価
学べるスキル ソフトの基本操作・動画編集・仕事案件の獲得・制作の流れなど、Premiere・After Effects・Photoshop・lllustrator・Cinema4Dlite
受講料 165,000円
期間 2ヵ月
場所 新宿・池袋・秋葉原・東京・品川・渋谷・赤坂・横浜・大宮のスタジオ

※オンラインの場合、Zoomで実施

サポート体制 講師が常時質問を受付(チャット対応)
\オンライン・オフラインに対応/

 

 

まとめ

SNSの進化に伴い、注目される機会が増えた動画編集。
動画広告の市場規模の予測では、成長し続ける市場となっているため、今後も需要が高まるスキルといわれています。
映像制作や動画編集のスキルを身につけると、会社に依存することなく自分の力だけで収入を得ることが可能です。
チャレンジするなら、今のこのタイミングしかないかもしれません。
そこで今回の記事では、話題の動画編集を学べるおすすめのスクールをランキング形式でご紹介しました。
一口に動画編集スクールといっても、社会人が学びやすい、就職・転職に強い、短期間で学べるなど、目的の異なるスクールがたくさんあり、自分に最適なスクールを見つけるのは至難の業!
スキルを習得するためには、自分がどのような映像を制作し、動画編集のスキルを使用して何がしたいのかを明確にした上で、自分のライフスタイルに合ったスクール選びが重要です。
どうしても迷ったら、studius(スタジアス)の無料体験講座を一度受けてみるのがおすすめです。
ぜひ、記事を参考にして、あらたなチャレンジに役立ててください。