転職

看護師におすすめの転職サイト6選!失敗しない職場選びを徹底解説

看護師として転職を考えているなら、看護師専門の転職サイトを利用するのがおすすめです。登録しておくと、プロのキャリアコンサルタントが一人ひとりにあった最適な求人情報を提供してくれます。

ただ、似たようなサービスが多いので、「どの看護師転職サイトをチェックすればよいのか分からない。」、「転職サイトを選ぶ時の基準は?」など、どの転職サイトを利用すればよいのか分からない!という方も多いのではないでしょうか?

そこで、初めて看護師専門の転職サイトを利用する方に向けて、看護師の転職サイトを利用するメリットや注意点の他に、おすすめの看護師専門サイトをランキング形式でご紹介します。転職を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

目次

成功する転職サイトの選び方

実は、看護師さんが登録すべき看護師サイトは、「ママさん看護師」「病院以外の職場で働きたい場合」「できるだけ早い時期に転職したい場合」など、転職のニーズによって異なります。

ただ、求人数の多さや転職のサイトの知名度だけで選んでしまうと、希望する求人が見つからないだけでなく、転職後に後悔してしまう可能性も!

そこで大切なことが、転職サイトを選ぶ際のポイントです。

実績のある転職サイトに登録する

転職する際に大切なことは、転職後の満足度。転職した後で後悔しないためには、自分の希望に合う求人を紹介してくれる実績のある転職サイトを選ぶということが大切です。

実績があるということは、転職についてのノウハウや情報を持っているということ。経験豊富なエージェントが担当してくれると、より充実したサポート受けられます。

求人数の多さも大事ですが同様に転職実績についてもしっかりチェックしておいてください。

キャリアコンサルタントのクオリティ

プロのキャリアコンサルタントならではの視点で、的確なアドバイスやサポートを行ってくれるかどうかが、転職の成功のカギを握っています。転職活動は、一人で行うので孤独になりがちですが、適度な距離間でサポートしてくれるキャリアコンサルタントは、転職する方にとって心強い味方です。

希望するエリアの求人がたくさんある

トータルの求人数が注目されがちですが、大切なのが地域性です。転職サイトを選ぶ際のポイントとして、自分の住んでいるエリアの求人情報が多いサイトを選ぶようにしましょう。

東京・大阪などの都市圏で働きたい場合は、ほとんどの転職サイトに求人情報が公開されています。

ただ、地方で働きたい場合は、エリアに特化した転職サイトを選ぶようにしましょう。これから一人暮らしを始めるという方は、自分の住む予定の場所、今住んでいる場所など、エリアにこだわって転職活動をスタートさせましょう。

複数の転職サイトに登録する

病院が求人を募集する場合、1つの転職サイトに求人を掲載する傾向があります。そのため、1つの転職サイトにしか登録していなければ、希望の求人もしくは希望に近い求人を見逃してしまう可能性も!

また、1つのサイトに絞って転職活動をした場合、「十分な数の求人が紹介されない」という事態になってしまうことがあります。

複数のサイトに、基本情報などのプロフィールや経歴などを入力するのは面倒に感じてしまうことがありますが、転職活動を成功させるためには、多くの求人情報に触れることが重要です。

看護師転職サイトを利用するメリット

一人で転職活動しても、希望の就職先に転職できるとは限りません。ここでは、転職サイトに登録するメリットをピックアップしています。

メリット1:希望に合う求人を紹介してもらえる

求人サイトが保有している求人数は数万を超える場合がほとんど。ただ、求人数がたくさんあるからといって、自分に最適な就職先を一人で探すのはとても大変です。

転職サイトには、転職活動をサポートしてくれるキャリアコンサルタントが在籍しているので、そのキャリアコンサルタントが、担当の求職者の希望に合う求人をピックアップして紹介してくれます。

また、キャリアコンサルタントは、求人を募集している企業を訪問し、その会社の人事担当者とも面識があります。そのため、サイトをチェックしているだけでは分からない、会社の雰囲気を含めた内部事情を教えてくれることがあります。

転職する前に、希望する職場のリアルな情報を得られるのはとても貴重です。スムーズに転職活動を行うためにも、転職サイトの利用をおすすめします。

メリット2:非公開求人を紹介してもらえる

看護師転職サイトには、サイト上に公開されている情報の他に、サイトの会員だけに提供される「非公開情報」があります。

公開している求人情報と非公開の情報がありますが、非公開にするにはそれなりの理由があります。

良い情報を競合他社に知られないため

会社における重要なポスト(管理職や幹部)が空席になると、企業の業績だけでなく取引先との関係にもかなりの影響が出てしまうことがあります。

そのため、採用情報を極力知られずに進めたいということから、求人情報を非公開にしています。

スムーズに人材を確保するため

好条件の求人や誰もが知っているような人気企業の場合、求人に募集が殺到してしまうことがあり、企業としてはその対応に予想外のコストを掛けなくてはなりません。

そこで、人気のある企業などは求人情報を非公開にすることで、応募が殺到することを防いでいます。

メリット3:提出書類の添削や面接対策をしてくれる

特に、初めて転職をする場合、提出書類の書き方にも不安があります。そんな時、転職サイトに登録していると、履歴書や職務経歴書などの書類の書き方だけでなく書類の添削、面接対策までサポートしてくれます。

特に、経歴や自己PRを記載する職務経歴書は合否に大きな影響を与えるので「企業から見て魅力的な内容になっているのか」を考えて、作りこむようにしましょう。

その際に、実績の豊富なコンサルタントから的確な助言をもらえるので、書類選考の通過率が上がります。

 

看護師向けの転職サイトおすすめランキング6選

ここからは、看護師向けの転職サイトをランキング形式でご紹介します。転職を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

転職サイトは2〜3社の登録がおすすめ

  • より多くの求人を比較
  • 相性の良い担当者を探す
  • 使いやすいサイトを探す

看護師向けの転職サイトおすすめランキング1位:看護のお仕事

公開求人12万件以上を誇る求人数業界トップレベルの転職サイト。現場のリアルな情報を詳細まで把握しているのも、キャリアコンサルトが、病院や施設を訪問して直接取材を行っているから!そのため、「子育て中の看護師が働きやすい環境」や「職場の雰囲気が気になる」など、求職者が気にあるポイントを押さえて、最適な情報を提供してくれます。また、LINEで担当のキャリアコンサルタントに相談できるため、気軽に転職活動ができるのも人気の理由です。
総合評価
求人数 6万件以上+非公開求人
職種 看護師・准看護師・保健師・助産師・ケアマネージャー
雇用形態 常勤・非常勤・派遣
エリア 全国
LINEでキャリアコンサルタントに
\気軽に相談できる/

看護師向けの転職サイトおすすめランキング2位:ナースではたらこ

医療機関へ「逆指名求人」ができることで話題の「ナースではたらこ」。逆指名求人とは、求職者が気になる病院を指名すれば、求人募集が行われていない場合でも、キャリアコンサルタントが求人状況や求人条件を確認してくれるそうです。そのため、希望の転職先が明確になっている人や勤務シフトの都合で、積極的に転職活動をする時間がない方におすすめ。
総合評価
求人数 9万件以上
職種 看護師・准看護師・保健師・助産師
雇用形態 常勤・非常勤
エリア 全国
気になる病院を指名すれば
\求人状況や条件を確認してくれる/

 

看護師向けの転職サイトおすすめランキング3位:医療ワーカー

レベルの高いキャリアコンサルタントに出会いたい人におすすめの転職サイトです。3万件以上の転職支援実績があるため、初めての転職でも安心して転職活動が行えると高い評価を得ています。また、2020年以降は、Webカウンセリングも積極的に実施しているので、専用アプリを使用しなくても、簡単に模擬面接やキャリア相談ができるそうです。スマホがあれば、自分の好きなタイミングで転職活動ができるところが人気。地方在住でも、Webで相談できるところが転職したいと考えている人にとってはありがたいシステムです。
総合評価
求人数 5万件以上+非公開求人
職種 看護師・准看護師・保健師・助産師
雇用形態 常勤・非常勤・派遣・バイト
エリア 全国
地方在住でも
\WEBカウンセリングで相談を受けられる/

看護師向けの転職サイトおすすめランキング4位:マイナビ看護師


大手人材企業のマイナビが運営する看護師専用転職サイトです。短期間で内定を目指す「スピード転職」やじっくり時間をかけて転職先を探す「じっくり転職」が、求職者に合わせた転職活動として話題となっています。また、全国21ヵ所に相談会場を設置していることから、地方在住の方も転職について気軽に相談できると好評です。
総合評価
求人数 8万件以上+非公開求人
職種 看護師・准看護師・保健師・助産師・ケアマネージャー
雇用形態 常勤・非常勤
エリア 全国
全国21箇所に相談会場
\選べる「スピード転職」と「じっくり転職」/

看護師向けの転職サイトおすすめランキング5位:看護プロ


公開求人12万件以上を誇る求人数業界トップレベルの転職サイト。現場のリアルな情報を詳細まで把握しているのも、キャリアコンサルトが病院や施設を訪問して直接取材を行っているから!そのため、「子育て中の看護師が働きやすい環境」や「職場の雰囲気が気になる」など、求職者が気にあるポイントを押さえて、最適な情報を提供してくれます。また、LINEで担当のキャリアコンサルタントに相談できるため、気軽に転職活動ができるのも人気の理由です。
総合評価
求人数 12万件以上
職種 看護師・准看護師・保健師・助産師
雇用形態 常勤・非常勤
エリア 関東・東海・中部
公開求人12万件以上
\圧倒的な掲載数とLINE相談できるのが嬉しい/

看護師向けの転職サイトおすすめランキング6位:NJBナース人材バンク

年間10万人以上の看護師さんが利用する人気の転職サイトです。また、地域専任の担当制となっているため、各エリアの医療機関の求人状況の最新の情報を提供してくれます。病床数で絞り込んだり、介護施設などの施設形態で検索することもできるので、求人の探しやすさにも定評があります。施設の特徴や給与モデルなど、求職者の気になる情報が詳細に記載されているので、転職後の働き方を具体的にイメージできるところが人気のポイントです。
総合評価
求人数
職種 看護師・准看護師・保健師・助産師
雇用形態 常勤・非常勤
エリア 全国
地域専任の担当制
\求職者の気になる情報がしっかりわかる/

看護師の転職に最適なタイミングとは?

看護師として転職して新たな職場で仕事をするためには、まずは現在の職場を退職しなければなりません。

いざ、転職するとなった時に悩んでしまうのが、退職のタイミング。そこで、気持ちよく転職できるためにも、退職しやすい時期や元の職場に迷惑をかけない退職の方法をまとめてみました。

人事異動のタイミング

職場内で職員が入れ替わる人事異動のタイミングは、他の時期に比べ退職しやすい雰囲気があります。

人事異動が決まった後での退職は、周囲の人に迷惑をかけることが多いので、人事異動が行われる半年前~2ヵ月前までに退職の申し出を済ませておくようにしましょう。

年度末

1年の中で最も退職に適している時期は年度末です。

年度初めには、新卒や中途採用者など、人員補充が見込めるため自分の退職による周囲への負担を軽減できる可能性があります。

年度末に退職を考えた場合、看護師の求人は1~2月ごろに多くなる傾向があるので、3月に辞めることを決めたら、2~3ヵ月ほど前から転職活動をスタートさせてください。

求人が増えるタイミング

求人の増える1~2月のほかに、7月も退職におすすめのタイミングです。求人が増える時期は必然的に転職も決まりやすい傾向があります。

求人が増えるタイミング=業界全体で人が移動することが多い時期なので、職場で退職者が多い時期は退職をスムーズに伝えられるでしょう。

退職する際にトラブルを避けるための注意点

転職を決めたなら、次は職場に迷惑を掛けずに円満に退職することが大事です。気持ちよく退職するためには、いくつかのポイントがあるのでチェックしてください。

退職する場合は早めに希望日を伝える

退職の規定は職場によって異なります。そのため、退職の意思は早めに伝えましょう。

例えば、2週間前に退職希望を伝えると、シフトの調整など多くの迷惑をかけてしまいます。退職前には有給休暇の消化もしなければならないため、人員調整などに影響を与えてしまうことも。

迷惑をかけずに、気持ちよく退職するためにも、2~3ヵ月程度前に、退職の意志を伝えてください。

引継ぎをしっかりする

管理職はもちろん勤続年数の長い方の場合、仕事の引継ぎをしっかりすることが大切です。残された人は、業務に不安を感じていることが多いため、しっかり引継ぎをすることで、少しでも不安を解消することができます。

「どうせ辞めるから」という気持ちは持たず、最後の日までお互いに気持ちよく働けるように、気を抜かずに仕事に取り組みましょう。

看護師が転職する場合の流れは?

初めて転職する方に向けて、転職までの流れを解説します。

転職と退職の事前準備

転職の前に行うべき準備の1つが、転職の目的や希望条件を明確にすることです。

この時点で「なぜ転職するのか」「どんな職場に転職したいのか」などをはっきりさせておくと、候補の中から転職先を絞る時や面接の際の自己アピールに役立ちます。

また、転職する際には、「譲れない条件」と「妥協できる条件」も決めておくと、いざという時に慌てないで済みますよ。

看護師の転職の場合、他の職種に比べ書類選考から面接までの期間が短く、面接の回数も少ないという特徴があるので、早い人なら3週間から1ヵ月程度で内定をもらえることがあります。

内定をもらった後、慌てて退職の準備をするとトラブルの原因となってしまうことがあるので注意してください。

転職する方法を決める

転職する方法は「知人や同僚の紹介」「ハローワークの利用」「転職サイトやエージェントの活用」など、大きく分けて3つの方法があります。

1つ目の「知人や同僚の紹介」の場合は、職場のリアルな状況を把握できるメリットがあります。転職先を判断するために効果的な方法の1つです。

2つ目の「ハローワーク・ナースセンターを利用する」場合は、行政機関が運営している職業紹介事業なので、信頼性の高い期間で安心して転職先を探すことができます。

最後の「看護師転職サイトやエージェントを利用する場合」は、豊富な情報量と経験豊かなエージェントのアドバイスやサポートが充実しているので、自分のペースで仕事探しを行うことが可能です。

スケジュール管理や提出書類のチェック、模擬面接などのサービスが用意されているので、転職初心者にとってはベストな方法といえます。

隙間時間で情報取集を行う

転職する際に大切なことの1つが情報収集です。

ただ、忙しい看護師の仕事の合間に個人で情報収集するのはかなり大変な上に、十分な情報を集められない可能性があります。

そうならないためにも、転職エージェントを併用してはいかがでしょう。転職のプロの的確なアドバイス受けられるほか、最適な求人情報を提供してくれます。

履歴書・職務経歴書を作成する

転職する際には、転職先へ提出する履歴書や職務経歴書を作成しなければばりません。応募書類の履歴書と職務経歴書は、希望の就職先から内定を貰うための重要な書類なので、クオリティの高い内容に仕上げる必要があります。

ただ、不規則なスケジュールで何かと忙しい看護師が、書類選考に一発で合格するような魅力的な提出書類を作成するのは至難の技。

そこで活躍してくれるのが、転職エージェント。書類の作成方法はもちろん添削にも対応してくれるので、書類選考の通過率がアップすること間違いなしです。

面接対策を行う

書類選考に通過した後は、希望の就職先から内定を貰えるチャンスの面接をクリアしなければなりません。

ワンチャンスをものにするためにも、様々な場面を想定した事前準備が重要です。転職サイトに登録しておくと、面接対策も納得できるまで行ってもらえるので、安心して面接に臨めます。

面接は最後まで気を抜かない

面接方法は、転職先によって異なりますが、基本的には30分程度で終了します。採用担当者の質問にしっかり答えられるように、面接対策で行った重要なポイントをしっかり確認しておきましょう。

面接が終わった後も、自宅に帰りつくまで、気を抜かないことが大切です。

雇用条件を確認する

希望する転職先の内定が取れたら、雇用条件を確認し、問題がなければ承諾して転職活動を終了させます。

内定を貰った後は、最後まで気を抜かずに細かい条件を確認することが大切です。自分ではなかなか確認できないという方は、エージェントにも一緒に確認してもらうと安心できます。

もし、納得できない条件を提示された場合は、そのままエージェントに交渉してもらいましょう。

業務の引継ぎをしっかり行う

転職する際に大切なことは、業務の引継ぎをしっかり行って円満に退職することです。トラブルにならないためにも、約1ヵ月前には退職の意志を伝え、余裕をもって引継ぎをする必要があります。

看護師資格を活かせる意外な仕事

看護師資格は国家資格です。ただ、看護師の資格を活かして働けるのは病院だけではありません。

せっかくなら、看護師資格を活かした職種を選んで就職することをおすすめします。ここでは、看護師資格を活かせる病院以外の仕事をご紹介します。

企業の医務室で働く産業看護師(企業看護師)

産業看護師(企業看護師)は、企業の保健室に勤務し、従業員の健康管理などを行います。週休二日制が確保できることはもちろん、夜勤や時間外勤務がほとんどないことがメリットです。

企業に勤めている人を対象にしているので、基本的には健康な人を相手にしているため、緊急の医療処置を行うことがほとんどありません。

そのため、病院勤務に比べ、ストレスが少なく、精神的に余裕をもって仕事に取り組めるところが魅力です。

産業看護師になるには?

産業看護師に登録するには「産業保健看護専門家(看護師)制度」があり、登録試験を受ける必要があります。

また、専門化制度登録試験を受けるまでに、衛生管理者1種の資格を取得しておかなければなりません。

美容クリニックの看護師

看護師の資格を活かせる職場として注目されているのが、美容クリニックです。美容クリニックでの看護師の仕事は、診察や診療のサポート、脱毛機器操作や整形手術の補助なども担当します。

美容クリニックには入院施設がないため、夜勤がありません。日勤のみの採用が多いので、規則正しい生活を確保できます。

美容看護師になるには?

美容クリニックも病院と同じ医療機関なので、看護師として働くには「看護師免許」、「准看護師免許」が必要です。

ただ、患者さんとのコミュニケーションも、カウンセリングなど美容関係がメインになってくるので、美意識の高い看護師が求められる傾向があります。

治験コーディネーター

新薬を開発する最終段階に、人体への効果と安全性を確認するために行うのが「臨床試験」。

その治験を円滑に実施できるように、様々な調整をするのが治験コーディネーターの仕事です。

仕事内容は、書類作成などのデスクワークが中心なので、残業や夜勤がほとんどなく、体力的な負担が少ないのが魅力。

治験コーディネーターになるには?

特別な資格などはありませんが、求人情報には「看護師有資格者優遇」などと記載されていることが多いようです。

医学や薬学に関する知識が必要なので、医療系の資格を所持している人が優遇される傾向があります。

日本SMO協会公認CRC制度、日本臨床薬理学会認定CRC制度、SMONA認定CRC制度などの認定資格が設けられています。

これらの資格を保有していると転職が有利になるので、治験コーディネーターに興味のある方は、チェックしてみてください。

看護師転職サイトのデメリットと嘘をつく悪質サイトに気をつけろ

よく挙げられる看護師転職サイトを利用する上でのデメリットは以下の2つです。

  • 希望条件と異なる求人情報を紹介される可能性がある
  • ブラックな施設を紹介された

自分の求めている条件と違う施設を紹介されたときは遠慮なく断りましょう。また、そういったケースは担当者に自分の条件が上手く伝わっていないケースが多いため、もう一度よく担当者とお話されることをおすすめします。それでも上手く伝わらないなと感じたら、担当者を変えてもらいましょう。

一部のサイトですが、看護師転職サイトの中には、悪質な転職サイトがあるようです。悪質な看護師転職サイトのコンサルタントは、頻繁に条件の悪いブラック病院を紹介したり、強引に転職させようとするようです。

悪質な転職サイトの被害に合わないためには、キャリアコンサルタントに流されず、自分のペースで転職活動を行うようにしましょう。

 

お祝い金は法改正ですべて禁止に

「お祝い金が貰えるサイトを利用したい」と思っている方がいるかもしれません。以前は、お祝い金が貰えるサイトもありましたが、2021年4月の法改正によりお祝い金の貰えるサイトはすべてなくなりました。今でも掲載しているところを見かけますので利用しないようにしましょう。

よくあるQ&A

初めて看護師向けの転職サイトを利用する際は、分からないことがたくさんあります。そこで、転職サイトに関する疑問をまとめてみました。

コンサルタントと合わないときは?

看護師向けの転職サイトのほとんどで、求職者一人ひとりに担当コンサルタントが付きます。ただ、性格や考え方の違いから、合う・合わないでなやんでしまうことも!そんな時は、遠慮せずに担当をチェンジしてもらいましょう。

その際は、メールなどで「初めての転職活動で不安なので、できることなら別の方のアドバイスもうかがってみたいです。」など、角が立たないようにメールを送るとスムーズに担当を変更できるはずです。

なぜ無料で利用できるの?

「希望の職場に就職先を見つけてもらえる転職サイトは、なぜ無料で利用できるの?」と思う方も多いはず!その答えは「企業から報酬を受け取っているから」です。

優秀な人材を募集している企業が、転職エージェントに費用を支払い、求人情報を掲載するという仕組みになっています。

この仕組みのおかげで、求職者は無料で求人検索や転職活動をする上で、手厚いサポートが受けられます。

最適な転職サイトを見つけることから始めよう!

看護師の方におすすめの転職サイトをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

看護師向けの転職サイトはたくさんありますが、最高の転職先を見つけるためには、自分に合った転職サイトを見つけることです。

転職サイトを選ぶ基準はたくさんありますが、まずは気になる複数の看護師向けの転職サイトに登録して、この人だ!と思えるキャリアコンサルタントを見つけることから始めましょう。